無料相談ネット予約

安全性を最大限に考慮したインプラント治療

【診療時間】  月~金 9:00~12:00・14:00~20:00    土 8:30~12:00

安全性を最大限に考慮したインプラント治療

根管治療無料相談ネット予約

歯を抜かないと言われて困っている患者様へ 歯を抜かないと言われて困っている患者様へ

歯を抜かないと言われて困っている患者様へ

このサイトをご覧頂いている方の中で、抜歯宣告を受けてインプラントを検討されている方もいらっしゃるかと思います。
しかしインプラントは、歯を失った際に適応する治療です。当院では、なんでもかんでもインプラント治療ではなく、まずはご自身の歯を残すということを念頭に治療計画を立てております。実際に、根気強く根管治療や歯周病治療を行うことで、歯を残せるケースは予想以上に多いです。
精密に診断しどうしても歯の保存が難しいときにこそ、インプラントが適応されるべきだと考えております。そのため、インプラント希望の患者様におかれましても、インプラント以外の選択肢をご提案する場合もあるかもしれませんので、その点はご理解ください。

まだ諦めないでください!
当院では残せる歯は残します。
まずは、御自身の歯を残すという方法も検討してみてはどうでしょうか?

当院の精密治療専門サイトについて
詳しくはこちら>>

どうしても、保存できない歯に関しては当院では下記の4つ方法をご提案しております。 どうしても、保存できない歯に関しては当院では下記の4つ方法をご提案しております。

インプラントインプラント

インプラント

スペースクローズ矯正治療による
スペースクローズ

スペースクローズ

ブリッジブリッジ

ブリッジ

入れ歯入れ歯

入れ歯

当院では、歯を欠損した際の第一選択肢として
インプラント治療をご提案しております。

tri

インプラント治療のメリット・デメリット インプラント治療のメリット・デメリット

天然歯のように美しい

天然歯のように美しい 天然歯のように美しい

ブリッジは、部位によっては金属を使用します。入れ歯は、クラスプという金属でできたパーツが付属しています。
いずれも天然歯とは異なる形態であるため、目立ちやすく、違和感を生じさせやすいというデメリットがあります。一方インプラントは「人工歯根」と「上部構造(人工歯)」という天然の歯とほぼ同じ構造をしているため、まるで自分の歯のような見た目であるのがメリットの一つです。

硬いものでもしっかり噛める

硬いものでもしっかり噛める 硬いものでもしっかり噛める

入れ歯は「ずれる」「外れる」など、使用中にさまざまな不具合が生じやすいですが、インプラントは顎の骨に固定するため非常に安定しています。そのため、硬いものでもしっかり噛むことが可能です。

顎の骨が痩せにくい

顎の骨が痩せにくい 顎の骨が痩せにくい

入れ歯やブリッジは、咀嚼による刺激が欠損部へと伝わらないため、経年的に「顎の骨が痩せていく」というデメリットがありました。
一方、インプラントは顎の骨と直接結合した人工歯根が支えとなり、噛んだときの刺激が顎骨へと適度に伝わり、周囲の骨と同様に健全な状態を保つことができる可能になります。

健康な歯を削る必要がない

健康な歯を削る必要がない 健康な歯を削る必要がない

ブリッジでは、固定源になる歯を大きく削らなければなりませんが、インプラントは独立して口腔内に設置できるため、周囲の歯を削る必要がないため、健康な天然歯を削らすに治療できることが大きなメリットの一つです。

インプラントにはたくさんのメリットが存在していますが、同時に下記のようなデメリットもあることを事前にご理解ください。

インプラントのデメリット インプラントのデメリット

当院では、上記のようなメリット・デメリットを詳しくお伝えし、患者様が納得した上でインプラント治療を行います。

世界TOPシェアのメーカーと
ジェネリックインプラントを採用

当院では、世界TOPシェアの「ストローマンインプラント」を採用しております。ストローマンの最大の特徴は、独自に開発したフィクスチャー表面の「SLA」という性状にあります。これは、インプラントと骨を結合するのを促進する効果があり、早期の結合が期待できるものです。更にストローマンのジェネリックインプラントである「オステムインプラント」も取り扱っており、ストローマンインプラント同じSLAを採用しているため成功率はストローマンに劣らないうえ、安価に患者様に提供できるという特徴があります。

治療精度の向上を追求
サージカルガイドを用いたインプラント治療

サージカルガイドとは、インプラントを埋入する際に穴の位置・角度・深さをコンピューターで割り出し、その通りに手術をするための補助装置です。これまでインプラント体の埋入は歯科医師の手技によって精度が左右される側面がありましたがサージカルガイドを使用することで精度と安全性に配慮した手術を行うことができます。

歯科用CTで正確な治療

歯科用CTで正確な治療

インプラント治療の失敗の大きな要因の一つとして、正確な診断ができずに誤った方向・角度・深さに埋入してしまったというケースがあります。歯科用CTでは、レントゲンではわからなかった骨の奥行き・骨の幅・厚みを正確に把握することできます。術前にCT撮影を行うことで3次元的に骨や神経の位置関係などを診断でき、術者がシミレーションを行った上で安全にインプラント手術を行うことが可能になります。

徹底した感染予防のための滅菌消毒

徹底した感染予防のための滅菌消毒

当院では、通常の診療においても感染予防として徹底した滅菌対策を行っておりますが、細菌の多い口腔内環境で、歯肉を切開したり、骨に人工歯根を入れるインプラント治療においてはより一層徹底して行っております。当然ではありますが、器具は患者様ごとに滅菌を行い、ディスポーサブル可能なものは一回の使用ごとに廃棄するなど徹底しております。
滅菌・殺菌を徹底することで、感染症リスクを限りなく下げ、治療本来の効果が期待できます。

インプラントセンターに勤務実績のあるドクターが執刀

インプラントセンターに
勤務実績のあるドクターが執刀

どんなに優れた機材を使用しても、最終的にオペを行う術者の技術や経験が治療結果に差が出るということは否めません。
当院では、大阪でもインプラント実績数の高い歯科医院で研鑽を積んだ歯科医師が執刀にあたります。
日進月歩で進化し続ける歯科医療の中で、常に新しい治療を提供するために、学会や勉強会へは積極的に参加しております。

当院では、
骨の少ない方へのインプラント治療にも対応しております

GBR

GBRとは、インプラント埋入手術と同時に行える骨造成法で、骨の量の不足が比較的少ない場合に行えます。人工骨などを補填し、「メンブレン」という人工膜で覆うことで、骨の再生を促します。

ソケットリフト

ソケットリフトとは、骨の厚みが不足している部位に人工骨などを移植し、
インプラントを埋入できる状態を作る処置です。

サイナスリフト

サイナスリフトとは、骨の量が著しく不足している場合に行う処置で、上顎洞の側面から、上顎洞の粘膜を剥がして、持ち上げた部分のスペースに人工骨などを移植する方法です。

また、様々なバリエーションの
インプラント治療も可能です。

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラントとは、
その名の通り、抜歯をすると同時にインプラントを埋入する方法です。
抜歯と同時に行うため、
通院の回数が減り、肉体的、精神的な負担も大幅に軽減されるのが特徴です。

フラップレスインプラント

フラップレスインプラント

通常のインプラント手術では、
歯茎を切開したり必要がありましたが、フラップレスインプラントではその必要がなく、出血や術後の腫れや痛みなどを大幅に軽減することができます。
また、縫合や抜糸といった工程も不要なため、手術時間や治療回数の短縮も可能です。

ロケーターインプラント

ロケーターインプラント

ロケーターインプラントとはインプラントを数本埋め込んで、そのインプラントに入れ歯を固定する方法です。
少ない本数のインプラントでしっかりとした固定が得られるため、患者様への負担が少ない治療と言えます。

インプラント治療の流れ インプラント治療の流れ

ご予約 ご予約

事前にお電話にてご予約をおとり下さい。
当院では、「インプラント相談」も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

ご予約 ご予約

インプラントに対しての疑問や不安などを事前にお聞かせ下さい。
お時間をお取りしてわかりやすくご説明させて頂きます。

ご予約 ご予約

歯科用CTを使用して、骨の厚みや神経の位置関係などを診断します。
安全な治療には欠かせません。

ご予約 ご予約

お口の状態をチェックさせて頂きます。
※歯周病などの症状がある場合は、まずそちらの処置から行います。

ご予約 ご予約

精密検査・口腔内チェックを元に診断した結果をお伝えさせて頂きます。
治療プランや治療期間などはこの時に詳細にお伝えさせて頂きます。内容に納得頂いた段階で治療を行います。

ご予約 ご予約

症状に応じたインプラント治療を行い、インプラントと骨が結合した後には、最終的な上部構造を装着します。

ご予約 ご予約

インプラント治療後は、メンテナンスが重要です。
歯科衛生士による定期的なメンテナンスを受けて頂きます。

インプラント10年保証について インプラント10年保証について

ドクター紹介 ドクター紹介